washitu-top

こちらはコメントにて当サイトに直接投稿いただきました記事です
【名無しの鬼女】 さんありがとうございます!

[投稿日時] 2015年11月19日 17:37
■体験談
数年前父が亡くなり一人娘の私が実家の家土地を、母が現金を相続した。
母は父の生前から若干痴呆の気があったが、父が亡くなったショックで痴呆が一気に進んでしまい、今は自宅介助がほぼ不可能。父の残してくれた遺産で施設に入れ完全介護をお願いしている。
我が家は義実家同居を解消し実家に移り住んだ。丁度ウトメの嫁イビリが父のシによってパワーアップして来た事もあり渡りに船、それまでほぼ空気だった旦那は実家になだれ込もう(実家は都心の真ん中にあり交通の便がすごく良い)と目論むウトメをギチギチに〆てくれて義実家とは疎遠になった。この時は旦那に惚れ直した。以上が前置き。







実家は築40年と古く大分ガタが来てたし、耐震の不安もあるからそろそろリフォームしよう、と言う事になった。それで家族で新しい家に付いて話し合っていたのだが、旦那がやたらバリアフリーやら和室に拘る。私は最初我々夫婦の老後の事を考えているのか、と思っていたが、段々話はおかしな方向に。旦那が8畳と14畳の和室を作る!というので「和室は8畳1部屋でいいじゃない。そんなに広い和室作ってどうするの」と言ったら「それは絶対譲れん!」一体何の為にばばっ広い14畳の和室が要るのよ!と突っ込むと何かモゴモゴと歯切れが悪い。おかしいと思ってガンガンに問い詰めたら旦那やっとゲロッた。
皆さんお分かりだとは思うが、旦那はリフォーム後のウトメ呼び寄せ同居させる心算だった。旦那のリフォームの意見は皆ウトメの要求だった。(もっと細かい要求があったが長くなるので割愛)
私は「ふざけるな!ウトメ同居なんて絶対嫌だ!そんな事するんだったらリフォームなんてしない!同居もするか!」と言ったら旦那土下座して「もう義実家はそのつもりで家土地を売却手続きしてしまった。来年には親父達はもう住む所無いんだ!頼む!」
何で私に無断で勝手に話進めてんだよ!知るか!何ならお前(旦那)も路頭に迷うか?と怒鳴ったらボコボコに殴られた。当然緑の紙と弁護士召喚して離婚した。娘達もあんなジジババと住みたくない(ウトメに金食い虫と嫌味を言われてた)お父さんの嘘つき!大嫌い!と離婚を後押し。ちょいと揉めたが貰う物貰って親権も得て離婚成立。3人で路頭に迷え。
実家に移る時旦那がウトメを〆たのは「ここで嫁がへそを曲げて離婚言い出したら折角の都心の一等地がパーになる」と言う打算であって私への愛ではなかった。後でウトメには「リフォームしたら呼び寄せるからそれまで黙ってろ。ヘタに嫁を怒らすな」と諭してたらしい。道理であのウトメにしてはいやに大人しくしてた(移ってから1度も凸や電話がなかった)と思ってたらそういう事だったんかい!戻れるならあの時に戻って旦那に惚れ直してた自分をぶん殴りたい。
離婚が成立した後も、あのウトメだったら「嫁のものは我々のもの!」と騒ぐのは目に見えていた。丁度「是非売って頂きたい」と近所の病院から打診があったので(職員寮を建てたいそうだ)売る事に決めた。ここは都心過ぎて、交通の便は非常に便利だが商店が碌にないので生活するには少し不便だったし(昔は結構店が揃ってたのだが、ここ十数年で殆ど閉店してしまった)院長さんの計らいで結構いい物件を紹介して貰ったのでさっさと引っ越した。娘達は(2人共大学生)逆に大学が近くなってかえって良かったらしい。「バイトが出来る~(それまでは通学に時間を取られて出来なかった)」と喜んでいた。元旦那のお荷物(趣味のコレクション。場所を取ってて本当邪魔だった)も無くなって家は狭くなったが家の中は前よりスッキリ。共働きで家のローンとかが無い分元旦那は小遣に沢山金が回せたから、相当な数のコレクションがあった。段ボール何十箱あったんだろう。数えてたけど途中面倒になって分かんなくなった。
元ウトメは住むとこ無くして(義実家は完全に売却手続き終了してしまって契約破棄出来なかったらしい。よく分からんが)今はウト兄さんの所に転がり込んでいるらしい。元旦那は独身社員寮にいるが、そこの牢名主的存在のおじさんに言い様にこき使われていてかなり疲弊しているらしい(共通友人情報)
しかしリフォームと言っても家を丸ごと耐震とか含めて丁寧に立て直すんだから1年じゃきかないだろう。アイデアを纏めて設計して完成してそこに実際に住むには少なくとも2~3年くらいは掛かるはず。元ウトメは何故そこを考えずにさっさと家を売ってんだ?


当サイトで皆様の体験談、相談、愚痴、吐き出し。何でもお待ちしております
コメント欄 or メールフォーム から投稿下さい!





このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2015年11月20日 20:24 ID:kijyomatome