25cf7724bd2db9e727b3d78b4267ecc2_content
853: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/25(土) 09:24:50.51 ID:WpHbxgWO
地元にあるA総合病院との一連の修羅場。長いので2つに分けます、申し訳ない。 

中学生の時、ちょっとした段差につまずいてコケたことがある。 
その拍子にひねったのか、やたらと右足の甲が痛くて仕方なかったんだが、あいにく日曜日だったので近所の整形外科医院はどこも休診。 
でも翌日まで我慢できそうな痛みではなかったので、親に頼んで、救急指定されていたA病院へと連れて行ってもらった。 
レントゲンを撮ったり触診されたりした挙句に出された診断は「軽い捻挫ですね。湿布を貼っておけば遅くとも1週間程で治りますよ」。 
親には「たかが軽い捻挫で大袈裟に騒ぎすぎだろw」と散々pgrされつつ、素直に湿布を貼った…が、一向に痛みが引かない。 
1週間経ち、半月経ち、1ヶ月近く経ってもまだ痛かったので流石に不審に思い、今度は別の病院へ行ってみたところ、 
「痛いはずです。亀裂骨折していますよ」 
マジで開いた口が塞がらなかった。 







数年後の夏、今度は父が交通事故に遭った。
その時もA病院に救急車で搬送されて「右膝の粉砕(?)骨折」という診断が下された。
以前の事もあり心配していたんだが、案の定。
・痛みに呻く父に応急処置をしただけで一昼夜放置。
・翌日の午後になってようやく手術する事になったが、開始予定時刻になっても医者はもちろん看護師も来ない。手術の事前説明にすら来ない。
・予定時刻を大幅に過ぎてから開始された手術は無事終了。
 が、暑さによる発汗に加えて痛みによる脂汗もあったのに、傷口の消毒・ガーゼ交換が3日に1度ペースでしか来ない。
 痛さと痒さで父は疲弊しまくっており、退院予定日を数日前倒しにして逃げるように退院してきた。

854: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/25(土) 09:25:34.04 ID:WpHbxgWO
その更に数年後。既に高齢になっていた母方の祖母が家で転倒したので救急車を要請したと祖父から電話があった。
優しくて大好きな祖母が身動きひとつとれない程の激しい痛みに苦しんでいると聞き、心配で駆けつけた私達家族は、
「A病院だけは駄目!あそこだけは絶対に避けて!」と異口同音に救急隊員の方たちに訴えた。
しかし残念ながら、他の病院は受け入れが難しいとかで結局A病院に行くことに。
水も飲めず痛みに呻き続け、ぐったりしている祖母に様々な検査をしていく医師。
しばらくして診察室に呼び出された私達の目の前に、撮ったばかりのレントゲン写真が張り出された。
 医師「見ていただければ分かる通り、骨にも内蔵にも全く異常はありません」
 私達「はあ…そうは言っても、専門家じゃないので写真を見てもよく分からないんですが」
 医師「これが肋骨、これが…(以下、写真を指さしながら部位の説明)。ね、影とかも無いしキレイなものです」
 私達「その割には祖母が酷く痛がってるんですが」
 医師「少し強めの打撲でしょう。湿布と痛み止めのお薬、お出ししておきますからね」
その日は、検査疲れもあったのか祖母がすっかり疲れ果てていたので一旦帰宅したが、翌日やっぱり朝一で別の病院にかつぎ込んだ。
検査の結果、肋 骨 と 腰 骨 の 一 部 骨 折、および 内 蔵 の 腫 れ が見つかり即入院。
そこの病院の医師が「見逃した?レントゲンもCTも撮っといて、それでもこれを見逃したの…?」と呆然としていた。
さすがにA病院に文句を言おうとしたが、祖母本人が「お願いだから大事にしないで」と頼み込んできたので、
うやむやのままになってしまった。

A病院は現在もあるが、我が家以外からも続々クレームが寄せられているらしく、
搬送先が無い等やむを得ない事情がある患者さん以外はほとんど寄り付かないそうな。
その祖母が先日別の病で亡くなったので、思い出しがてら書き込んでみました。

855: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/25(土) 10:34:32.73 ID:46Eknwo0
修羅乃病院

856: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/25(土) 11:29:39.27 ID:vof3J/Im
殺したい人を運び込むための病院が存在してるとか何とか。

857: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/25(土) 11:48:36.36 ID:Qi25KJUl
あー、あるある。
仕事でそう言われる病院に行ったことあるが、ほんとにひどい病院で笑った。
何がすごいかって、それでもなお儲かってるんだよな。
交通事故の点数が馬鹿高いのと、
ほんとに爺婆を殺したい人がつっこんだと思われる人らを、文字通り死ぬまでなんだかんだするから。

858: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/25(土) 11:56:45.17 ID:3x/sMwvT
>>854
うちのところと同じだ救急病院はそこだけ田舎だから選択肢はない
それでうちの父親も叔母も死んだ
死ぬのは運とかっていうやつらが多いから裁判も出来ない
嫌がらせされるからね

879: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/25(土) 17:38:00.81 ID:mh7My0wX
亀裂骨折や剥離骨折は一回のレントゲンでは分からないことも少なくないし、治療もどのみち安静だけの場合も多い。
でも捻挫と言い切ってしまうのは良くないね。
時間外の診療は専門外の医師が担当してることもあるから、単に痛いだけとかなら
自分で鎮痛薬を買って安静にしてた方がいいよ。ロキソニンSなんて病院が出すのと中身同じだからな。

あと父親の骨折手術の件だけど、手術で忙しい病院なんてまぁそんなもんだよ。
ガーゼ交換だって週二回ペースで全く問題ないし、予後に関して不利益を被ってはいないはずだ。
褒められたことではないんだが、患者を断らずに少ない医者が頑張ってる病院ほどこうなりがちになる、皮肉なことに。
でも事前説明が無いというのは本当だったら大変なことだが、手術前に同意書を取らないなんてあり得ないからこれは勘違いでは?

救急隊がそういう病院に搬送したがるのはお察しの通り、彼らは運ぶ事だけが仕事であり運んでしまえば終わりだから。
時には病状や既往歴について嘘をついてでもとにかくどこかに引き取らせようとする。

885: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/26(日) 03:07:26.88 ID:fnj5eiOJ
>>853
真性のヤブ医者だったんだな
三流医大卒

せめて何県かくらい書いたほうがこれからの被害者が減る

引用元: ・今までにあった修羅場を語れ 12

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をお願いします!




このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2016年01月02日 15:24 ID:kijyomatome