1301272top

こちらはコメントにて当サイトに直接投稿いただきました記事です
【名無しの鬼女】 さんありがとうございます!

[投稿日時] 2016年05月22日 00:41
■体験談
人によっては不愉快かもしれません。
前提に、私は性根が腐ってるのを自覚しています。だから離婚したといってもいいです。

人を煽ったら右に出るものはいないとよく言われます。

5年前に離婚した元旦那を現在進行形で煽りながらウォッチしてます。
旦那はダメンズのお手本ともいえるクズで、モラハラ・経済的DV・過度の束縛・肉体的DV・不倫・借金・マザコンと、まぁドンちゃんカッちゃんもビックリなフルコンボだドンな男でした。







そんな旦那とは前記の通り5年前にあばよしたのですが、今だ旦那からは連絡が来ます。
離婚時、旦那の不倫があったため慰謝料を請求していたのですが、旦那の稼ぎでは当然キツく、ものの半年でギブアップ。
旦那の悪行にショックでボケをこじらせた元義母は認知症が加速して要介護。
プリなんぞにそこまで覚悟があるわけもなく、速攻で蒸発。プリ慰謝料は色々悶着がありましたが、プリ本人が完全に消息を断ってしまった為に、結果的には不本意ではありますがプリ親が立て替えてくれました。
不倫行為事態頭おかしいですが、プリが消えたことにより旦那の頭もジャンクに。
あれほど真実の愛を吟っていたのに、ママが病気になってプリが消えた途端すり寄ってきた。

「あの頃、俺はどうかしていた。お前と言う伴侶が在りながら、自分にとっての大切を見失っていた」
「あなたがいなくなり、俺はもちろんお袋も変わってしまった。不倫は本当にリスクが大きすぎた。今ごろ気づくなんて本当に愚かだ」
「俺は全てを失った。あなたはいいですね、大金も手に入れて幸せでしょう。その幸せを少しだけ分けてほしい。俺に幸せをくれないか。チャンスという幸せを…今度は見失わないから…」
と、大きく分けて復縁、金の無心、介護要請の3パターンのメールが届くように。
だから一通目には「ではその教訓を生かし、次に結婚するときには要注意されますように」→「お前とやり直したい」→「仮にやり直したらあなたは何事もなかったかのように同じ事を繰り返すとわかっているからお断り」→「そんなことはない!今度こそお前を幸せにすると誓うから!」→「離婚時に取り決めた義務(慰謝料)も果たせぬ男の口から出る【確約】は全く宛にならないどころか、話にもならない。」
二通目には「そうだね、愚かだね。でもそれはそちらの都合であって私は関係ないので慰謝料はきちんとお支払ください」→「どうしてそんな冷たいことを言うの?○○(私)はもっと人を思いやれる人だったじゃないか!」→「私を思いやってくれる人には思いやりを持って接しますが、八つ当たりで殴るわ、趣味で借金こさえるわ、挙げ句不倫して、これが私を思いやる人のやる事ですか?違いますよね?だからあなたを思いやるのは無理です」→「これからはもっとお前を思いやるよ。今まで本当に悪かった」→「殴ったあとに必ず聞いた台詞ですねそれ。何回も聞いたのでもう少し台詞ひねるか練り直すかして出直してください。」三通目には「【チャンス】とは要求するものではなく与えられるなので、「くれ」と言う権利は有責者にはありません。」→「でも言わないと絶対くれないじゃんか!」→「当たり前だが?」→「それじゃあ俺が頑張る意味ってなんだよ?」→「罪を受け入れ、慰謝料を払うために頑張る」→「それでは俺が損ばかりじゃん」→「不倫した分際で損得考えてんのか?身の程知らずか?」
と、旦那のメールに 全 対 応 しています。無論、こんなのはほんの一部ではありますが…

お金なんて本当はどうでもいいです。
元旦那は、私に口喧嘩で勝てないのをよくわかっているけれど(だから殴られた訳ですが)、私にすがる他ないというのをわかっていて私はあえて元旦那からのメールに全て対応してサンドバッグにしています。

元旦那が私を諦めきるか、私の心が癒えるまで、私のサンドバッグになって頂きます。
重箱の隅をつつくように、些細な事からでも元旦那の全てを全力否定して、あわよくば元旦那の心が壊れたらラッキーだなと思ってます。
まぁ、ここまでのことした相手にヌケヌケと復縁要請出せるだけのメンタルと図太さがあるから、きっと壊すのは無理でしょうね。
でも心も癒えて飽きたときには、出来るだけトラウマか絶望植え付けて切り捨てたいな。

執念深く、性格も悪い。
偏屈ばかりでメンヘラも混ざってるから、私はもう結婚をしないでしょう。
もうそれでいいです。
今はとにかく、旦那の人生からのドロップアウトを切に祈っています。

当サイトで皆様の体験談、相談、愚痴、吐き出し。何でもお待ちしております
コメント欄 or メールフォーム から投稿下さい!





このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2016年05月22日 20:24 ID:kijyomatome