1-43

441: 名無しさん@おーぷん 2015/11/06(金)16:36:22 ID:c1I
昔々のこと。
あるキャラクターのコラボ商品が欲しくて欲しくてたまらなかった。
親に言っても「妹ちゃんは欲しい?じゃ買ってあげる♪ってことで名無子はナシね」
それまでも一事が万事こんな調子だったから、すぐに気持ちを切り替えて、忘れようとしてた。






数週間後、15歳の誕生日。
はい、と手渡された箱を開けると、件のコラボ商品が出てきた。
もう大号泣。
悲しくて悔しくて。
私はこいつらと一緒にいる限り、ずっとこうやってオモチャにされるんだと思って。
親は私が嬉し泣きしているんだと誤解して、満足そうな顔でもらい泣きしてる。
その顔見たら気持ち悪くてさらに泣けた。

色々あって親から離れることは出来たけど、なんだかんだで完全に切れることって難しいのね。
善意ぶって口だしてくる人もいるしね。

しばらくそのキャラクターは苦手になってたけど、最近やっとまた好きになってきた。
なんで嫌いになったのかは忘れてたw
けど、ふと思い出して、書いてみようと思った。
おわり。





このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2017年08月11日 05:24 ID:kijyomatome

おすすめ記事