20120902145608156-e1413366644993

594: 素敵な旦那様 2006/03/24(金) 12:18:26
まあ、実際「何とかなるだろう」と嫁がいやがってるのに、近距離別居敢行して、現実で頭打つどころか全身打撲でもしない限り、現実認識できんやつもいるしな<俺のことだけどonz

いまは嫁と子のあと追いかけて、遠距離で平和です。10円禿げも治ったよ。ちっと薄くなったけどなonz






595: 素敵な旦那様 2006/03/24(金) 12:20:04
>>594

全身打撲?

596: 素敵な旦那様 2006/03/24(金) 12:21:30
>>594

kwsk

606: 594 2006/03/24(金) 12:43:16
参考になるかどうかわからんが……

俺親がアパート持ってて、そこの管理人兼一階住人。
俺が結婚したら、そこのアパート住めと言っていた。
家賃いらんし、いいよなーと思っていたんだが、嫁は反対。
ところが準備整わないうちにデキちまった(つーか俺がゴムつけなかったonz)
デキちまったんだから、結婚急ごう、とりあえず俺親のアパート住もうと丸めこんで、これで嫁も腹くくるだろうと、こっちがタカくくってた。
嫁は当初の予定とはちがって仕事は辞めず、休職扱いしてもらって、臨月近くまで働いていた。
共働きだが、俺親(特に母親)は、それがおもしろくなかったらしく、俺がいる前でもねちねち言って、流産したらどーすんだ、とか言っていた。
俺も尻馬にのって「そうだ、もし万一のことあったらどうすんだ」って言ってた。

で、臨月近くに、帰宅したら嫁さんがでかい腹して、玄関で待っていた。
「出ていくから、挨拶だけしとこうと思って」
寝耳に水状態。
ちょっと待って、そんな腹でどうするんだ、ってか聞いてないし。とか言ったら、「聞いてないのはアンタ、かーちゃんの息子に戻ったのもアンタ、私は頼れる夫と父親になってと言っても聞き流していたのもアンタ。私は、夫とこの子の父親ががほしかったけど、ここにはそのどちらもいないし、さらにかーちゃんべったりの息子がいて、そのかーちゃんとともに私にストレスかけるだけ。だったら、いない方がいい。だから出ていく。さようなら」
とだけ言って、バッグ一つで出ていった。
荷物は先に出していたらしく、嫁さんの持ってきたものの大半がなくってのり、判ついた離婚届けもあった。

607: 594 2006/03/24(金) 12:44:30
こりゃブラフじゃなく本気だ、と俺はしょーこりもなく母親に相談に行った。
母親「あー、いつかやるんじゃないかと思ってたんだ」としゃら〜っと言う。
え?え?とキョドる俺に、「こっちの言うことにはいちいち噛みつくし、私はもともとあんたには似合わないと思ってたんだよ。デキちゃったって言っても、あんたもだまされたみたいなもんでしょう。縁がなかったと思うしかないんじゃない?」なんてこと言われた。
これが、俺の母親か、呆然となった。
で、ずっと聞き流していた嫁の愚痴(俺は愚痴だと思ってい 、実は真実)がいまになって実感できた。
慌てて、嫁の通院していた産院に電話するも、「転院しました、転院先はお教えできません」
夫だと名乗っても、「お教えできません」

携帯はつながっていたから、慌てて電話して、謝り倒したが、まだ「戻ってきてくれ」と言っていた。
「戻らないって言ったじゃない、アンタがついてきたいならついてきてもいいけど、そのときはアンタの母親とは縁が切れるものと思っていてね」と通牒つきつけられた。
3日ぐらいぐたぐた悩んで、×一同僚にも相談したら「馬鹿野郎! 向こうがチャンスくれてるんじゃないか、何ぐだぐだしてんだ、行かないと嫁とも子ともすぐに他人になるぞ、それともおまえは母親のそばで、一生終わるつもりか?」と一喝された。
そいつも嫁姑で失敗したクチだった。

嫁にまた電話して、やり直したい、アパートは出る、母親とも縁を切ると言ったら、その具体策を示せと言われて、またパニック。
結局、俺が嫁と子供に再会できたのは、子ができて3週間ぐらい経ってからだった。
その間に、母親の醜いというか真実の顔を見せられて、絶縁しました。
ええ、嫁の子供産んででかくなったけど、あったかい尻にがっつり敷かれて、身動きできないぐらい幸せです

608: 素敵な旦那様 2006/03/24(金) 12:48:17
親離れ子離れして結婚すれば
嫁も子も親も手に入るのになぁ。

609: 素敵な旦那様 2006/03/24(金) 12:52:11
こういう男の話にはなぜか父親が登場しない。
大事な息子の子供さえ否定するあたり母親の伴侶が息子になっているんだな。オエ

611: 素敵な旦那様 2006/03/24(金) 12:55:42
乙。
まあ、ここまでされなきゃ気がつかないのはどうなのかと思うが。
取りあえず今が幸せならいいか。
嫁さんと子供大切にな。

613: 素敵な旦那様 2006/03/24(金) 13:12:07
独立できないなら結婚するなということで同居しないとやっていけないようなら結婚しなければ良いのにな。

精神的に自立ができている上でメリットがあって憎みあっていないなら良いかもしれないけど。

614: 素敵な旦那様 2006/03/24(金) 13:17:32
家賃が浮いてラッキーってそれに伴う責任は考えないのかね?
いつまでも親に小遣いもらうガキじゃないんだが・・・
大人なら何かしてもらったら親でも相応のお返しは必要だろう。
あ、それが嫁を差し出すことか?

621: 素敵な旦那様 2006/03/24(金) 14:10:10
同じような体験をした。
親がマンション持ってて、家賃もかからなくて( ゚Д゚)ウマーと嫁を丸め込んだ。
俺の親はネチネチ言うよりも、どちらかと言うと友達みたいに接するタイプだったから、近距離とはいえ大丈夫じゃないかと判断しての事だ。
が、1年目はまだ良かった。
2年目あたりから愚痴が増えた。
3年目になって、嫁の生活サイクルがおかしくなった。
気が付いたらメンタルクリニックに通院してた。
胃カメラも飲んでいた。
そしていつの間にか引越先を決めてきた。
嫁に言われたのはほぼ
>>606
と同じ。
親がさりげなく
「家賃が只なんだものいいじゃない」
「嫁が遊びに来てくれない」
「どうして子供を作らないの。何にお金を使っているの」
「家具だって色々マンションにおいてあるのに、いらないって何?」
・・・他にも沢山。
全部愚痴だと思ってた。
これだけしてもらって何が不満なんだと、逆に思ってた。
人の親をウザイなんて思うなよ、とまで思ってた。
引越の荷造りをしている嫁は、結婚式の準備をしている時みたいに輝いていた。
別居したら、あれだけ飲んでいた薬をあっという間に手放せた。
もう離婚届を出されていると思ったら、「まだ出してないよ」と言われた。
今がチャンスだ!と、新たな賃貸を見つけて、貯金をはたいて引越準備をして、嫁の説得にかかった。

今もそれなりにトラブルはあるかもしれんが、幸せに生活している。

625: 素敵な旦那様 2006/03/24(金) 14:15:47
>>621

>今もそれなりにトラブルはあるかもしれんが

怖いな

622: 素敵な旦那様 2006/03/24(金) 14:12:58
ん?
>>621
は離婚届に判子押したのか?
おいおいおい・・・

627: 素敵な旦那様 2006/03/24(金) 14:18:56
>>622

離婚届に判子押した状況次第じゃないか。
わかったよ押せばいいんだろうと切れて押したか
ここにいても君が幸せになれないならと涙さそったか、
そこのところどうよ
>>621

628: 621 2006/03/24(金) 14:20:02
どうしていいか分からんかったのだよ、あの当時は。
薬を飲んで1日ドローンとしていて、気が付けばげーげー吐いている嫁に、何をしてやればいいのか、どうすれば楽になれるのか、ってのが分からなかった。
「マンションを出て、二人でやり直そう」と言えばいい事は、嫁が出て行って一人で暮らしてみないと分からなかったんだよ。
嫁から離婚届を出されたから、俺と離婚して楽になるなら・・・と思って判を押した。
「落ち着いたら出すから」と嫁が言ってたんで、俺もとうとう×1になるのか、なんて暢気に思ってたくらい、情けなかった。

確かに今の生活が嫁にとって100%いいのかは分からん。
ただ、愚痴なのか、真実の不満を言っているのかの判断はつくようになったし、嫁を失いたくない気持ちってのは、さらに大きくなった。
俺が変わらなきゃ、嫁を失う。
それだけは事実だから、日々頑張っているつもりだ。
親との接触も、嫁が言い出すまで俺からは何も言わないし、親もまさか離婚騒ぎになるとは思ってなかったみたいで、今は嫁には直接連絡を取る事はしていない。

632: 素敵な旦那様 2006/03/24(金) 14:26:01
>>628

愚痴と不満のちがいって何だい?
愚痴だと聞き流してもオKってことか?

637: 621 2006/03/24(金) 14:28:19
>>632

少なくとも、俺の親に対する事は愚痴とは受け取らない。
それだけは決めている。

629: 素敵な旦那様 2006/03/24(金) 14:22:42
>>628

嫁からグチを聞いていたのに、「分からなかった」ねぇ
何で「分からなかった」のか分かるか?

637: 621 2006/03/24(金) 14:28:19
>>629

俺の親に何の不満があるんだ、と思っていたんだと思うよ。
色々してくれてるし、ドラマみたいな嫁姑の喧嘩にもならないし、それで何を文句言ってるんだ?と。
あとは、俺の親を悪く言うなよ、っても思ってた気がする。

今思えばというか、今でも思うが、はっきり言って俺の親のする事や言う事よりも、嫁の方が全然常識的で冷静で、相手の事を思いやっていると、マンションから離れて実感した。
親の非とか至らないところを、嫁に指摘されて嫌だったんだと思う。

641: 素敵な旦那様 2006/03/24(金) 14:35:51
>>639

そういう考え方を自分本位というと思う。
で、今も「嫁を失いたくない」という自分本位な感じを受ける。
それより嫁を幸せにしたいという気持ちを持って欲しいと、余計なことだけどそう思った。
ガンガレ

644: 621 2006/03/24(金) 14:44:30
>>641

言葉が足りなくてすまん。
今は家に帰って、嫁が笑顔じゃないと心配になる。
嫁が幸せになれるように、もっともっと幸せに暮らせるように
頑張ってるつもりだ。
まだまだ俺も子供だから、至らない所もあるとは思うんだが。

634: 素敵な旦那様 2006/03/24(金) 14:27:22
いや、胃カメラ飲んでるあたりで普通気づくだろ・・・
妻の寛容に甘えていたのではないか

640: 621 2006/03/24(金) 14:35:42
>>634

その頃は、もう普段の会話すら減っていた。
俺は嫁にどう接すれば嫁が笑ってくれるのかも分からなくて、嫁は嫁で俺にあれこれ普段の話をする事すらが、非常に面倒になっていたみたいだ。
食事をするのも( ゚Д゚)マンドクセー、風呂に入るのも( ゚Д゚)マンドクセー、何をするにも( ゚Д゚)マンドクセーのピークだったみたいだった。
出て行く前の日に嫁に言われたのは、「このままここにいたら、私は終る。最後の気力と精神力を振り絞って出て行く。まだ頑張れば考えられるうちに」と。
なので胃カメラを飲んだのも、その時に知った。
「今日は何をしてた?」と聞いても「んー?別に」が日常になりつつあったから。

メンタルクリニックに最初に行ったのも、嫁の友達が電話越しに「あんたおかしいよ」と言って、その場で予約を取ってくれて、わざわざ家まで嫁を迎えに来て、病院に連れて行ったからだった。
それから2週間に1度の通院は、必ず友達が来て連れて行ってくれて、ついでにお茶とか買い物に連れ出してくれていた。

今小町を読んできたが、こんな感じの思考回路だったよ。

642: 素敵な旦那様 2006/03/24(金) 14:37:10
>>640

そこまで嫁に無関心だったのなら何で出てった後追いかけるんだ?
そっちの方が不思議だ。

644: 621 2006/03/24(金) 14:44:30
>>642

対人関係のスキルが、圧倒的に低かったんだよな。
今でも高いと思ってないが。
無関心というより、どうしていいのか分からんかった。
今思えば、同じようにして友達を失ってきた気がする。
嫁を失いたくはないんだが、だからどうすればいいんだ?と
悶々としてた。
嫁が出て行く前日、最後の荷造りをしている姿をみて、
「そうか、嫁はここを出て行けば幸せなのか。ちょっと待て、何でだ?」と
考えて、嫁がいなくなった家に帰って、一人で飯を食って、する事もなく
会話もなくで考えていたら、目の前が開けた感じだった。

643: 素敵な旦那様 2006/03/24(金) 14:43:19
>>621
ドンはもうここに書かない方が良いよ。
それより嫁と話して仲を深めてくれ。
ま今は良い仲んだろうが。

まじめな話で( ゚Д゚)こういうのは使わない方が良いよ。

645: 621 2006/03/24(金) 14:46:16
>>643

おう。
外回りに行く時間もきたし、名無しに戻る。
長文と絵文字すまんかった。

647: 素敵な旦那様 2006/03/24(金) 14:47:58
>>645

頑張れよ!

引用元: ・【既婚男性専用】嫁姑争い part47





このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2017年10月13日 20:24 ID:kijyomatome