o0600043813800974144
こちらはコメントにて当サイトに直接投稿いただきました記事です
【名無しの鬼女】 さんありがとうございます!

[投稿日時] 2017年10月27日 15:36
■体験談

旦那の従兄弟の一人に基地外がいる。

そいつは昔から自分の容姿(絵に描いたようなキモオタ)は棚に上げ「オレにとっての“女”とは、顔が可愛いのは当然。歳は15~18歳、身長は165~170、BWHは95・55・88(数字の根拠は分からん。1㎝の誤差も許さんらしい)、黒のサラサラロン毛で…(書いてて段々アホらしくなって来たので以下略)これらの条件に合わない女はオレと付き合う価値はない!」と豪語する実にお目出度いバカ。当然女性はだ~れもそいつを相手にしないので、40も半ば過ぎてるのに未だ独り者。






親族女性にも「ババア(当時24の私も初対面でいきなり言われた)」「ガリ」「デブ」「ブス」と言いまくる。母親の叔母以外(まあそいつの家政婦&お財布だから悪くは言わんわな)はだ~れも相手にしない。
大体そいつの条件に全部あてはまる女性なんてそうそういる訳ない。15~18歳で95・55・88のサイズ持ちの娘さんなんて、日本人ではまずありえんだろう。それで親族は勿論、よそ様の娘さんがキモオタバカに絡まれる心配はないだろうと皆そいつを放置していた。

でも最近、キモオタバカは40過ぎても未だに理想の女性に巡り会わない事をちょっと「反省」したらしい。「条件を少し緩和してあげよう」と、若干条件に当てはまらない女性でもOKにしたらしい。何様だよバカ。でも最低限の条件は年齢と黒髪ロン毛とボン・キュッ・ボン(㎝は拘らない)

こうなるとキモオタバカに目を付けられるお嬢さんが出てくる。キモオタバカは街中を練り歩き、良さげな女の子を見つけては近づいて「ねえ、歳幾つ?」(まずは15~18歳であるかどうか確認する)
お嬢さん達は、キモオタオヤジの来襲で次々に悲鳴あげて逃走。そのうち誰かが通報したらしくお巡りさんが来てキモオタバカを確保。

被害者が皆逃げてしまったのと、声掛けた(でも顔を相当近づけてたらしい)程度で暴力とかは無かったので、キモオタバカは厳重注意程度で帰されたそうだ。

それでキモオタバカ、家に帰って自分の母親に先の事件の事を愚痴ったんだが、丁度その時トメさんが用事でキモオタ家にいて、バカの話を叔母と一緒に聞かされたんだそうだ。トメさんは「もう笑い堪えるのが苦しくてシぬかと思ったわ」そうだ。

交番でバカは取り調べ?をされたらしいが、警官に「何であんな事(女の子に声掛け)したのか?」と聞かれ、バカは真面目に「嫁さがし」と答えたそうだ。それで交番の警察官全員腹抱えて大爆笑。痙攣して話が出来ず暫く取り調べが中断、やっと痙攣がおさまった警官のひとりに「あのね、君。嫁さがしの前にする事あるでしょ?まず鏡見ようよ」と言われたそうだ。

キモオタバカ「ね、酷いでしょ!本当最近の警官は!オレを何だと思ってるんだ」と訴えてたそうだが、その時のキモオタは顔はギトギトに脂ぎってて肩まで伸びた髪は縄暖簾状態で服はパツパツ、いつもにも増して見苦しい状態。お巡りさんは正論言ってるわ、お前現実をいい加減に知れよと突っ込みたくてしょうがなかったが、下手に言うと汚い顔近づけてきそうで嫌だから必死で堪えてたわ~とトメさん。

流石に警察にお世話になる事やらかした為、叔母はキモ息子をやっと更生させる気になったそうだ。今伯父が更生プログラムを作成中らしい。


当サイトで皆様の体験談、相談、愚痴、吐き出し。何でもお待ちしております
コメント欄 or メールフォーム から投稿下さい!





このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2017年11月03日 21:53 ID:kijyomatome