xWgU-cb3Rr

こちらはメールにて当サイトに直接投稿いただきました記事です
【元変夫の豆腐妻】 さんありがとうございます!

[投稿日時] 2017年10月15日 19時37分16秒
■体験談

先月離婚した元夫の話。
便宜上「旦那」と書かせて頂きます。
とても沸点が低い旦那でした。

【1】
数年前ある日の休日、二人でドライブ旅行に出かけました。
私が途中尿意を催したので、SAに止まってくれるよう旦那に言うと
旦那「じゃあそこでガソリンを入れるわ」
との事で、SAに入りました。

Gスタンド近くで私は車から降りてトイレに向かいました。すると、
プップー!とうちの車のクラクション(オプションで音を変えてます)がして、振り返ると旦那が車の中でパクパク何かを話していました。
ただ、直後に私達の間に大型のトラックが横切った為、私は旦那に手を振り、トイレに向かいました。







無事に用を足し車に戻ってきた私に、旦那はこう言いました。
旦那「あんた、いつも何を持ち歩いてるんだ?」

意味がわからずにした会話の流れは次のとおりです。
私「え?どういう意味?」
旦那「そのまんまだ。あんたは何を持っているんだ?」
私「???? カ、カバン?」
旦那「そのカバンの中にいつも何を持っているんだ!」
私「は?? えー…け、携帯の事?」
と聞くと、旦那は無言で前を向いています。
これが「そうだ」という意味。
携帯を開いてみると、旦那から5回ほどの着信が入っていました。

私「あ、ごめんーっっ。何の用だったの?トイレに入ってたから気付かなかった」
旦那「何度も電話しているのに、気付かないなら携帯なんて持っている意味が無いよね?」

私の携帯、当初は(iPhoneデフォルトの)着信音が鳴るように設定していましたが、旦那に「うるさいから消せ」と言われた為そこからは常にミュート。バイブは震えるようにしていましたが、何分トイレに入っているためカバンは私の体から離れ、着信が合ったことに気付きもしませんでした。
車はSAを出発。走らせながらそれを勿論伝えましたが…

旦那「あそこはどこだ?」
私「え…サービスエリア…だよ…ね?」
旦那「違う!だからどこだと言っている!」
私「だからサービスエリアでしょ!」



旦那「だから違うっつってるだろ!! あそこはガソリンスタンドだ!!」

( ̄□ ̄;)!!……あ…あぁ…ハイ…^^;
それも含めたサービスエリアですよね…。

私「まぁうん。そうだね…で?」
旦那「何が”で?”だ! ガソリンスタンドには何があるんだよ!?」
私は聞いている意味が分からず……ここで黙りました。

黙った私にイラッとしたのかまた怒鳴る。
旦那「ガソリンスタンドには、トイレが必ずあるんだよ!!」


・・・・・・・・・・。


旦那の気持ちを要約すると、
車から降りた私に対して、「トイレならすぐ近くにあるから」という事を伝える為にクラクションを鳴らし、気付かなかったので携帯に電話をして伝えようとした。
が、私は旦那をシカトし、旦那の好意に答えようとせず、意図すら理解が出来ないバカな奴だった。


私「・・・という事なの?」
と、既にSAを後にし高速道路を走らせる旦那に聞いた。
旦那「そうだよ! なのに! あんたは俺を無視した!! あんたは! いっつもそうだ! 俺が! あんたの為を思ってやっても! いっつも! いっつも! そうやって!!」

この「!」の所は…運転中のハンドルをブルンブルン回すから走行する車が都度蛇行運転をしています。
私の体も左右に揺れ、後続の車はどんどん距離を置きはじめました…。


旦那の気持ちを理解しきれなかったのは申し訳ないけど、私の目的は達した。
しかもそれって「用を足す」って事。
危険運転をしないといけない程の事とも思えなかった。
「いつもいつも」というのは、私が自分の好みの豆腐を買わなかった(後で書きます)とか、お皿を洗ったのにちゃんと(言ったんだけど)丁寧なお礼を言わなかった、仕事が忙しい私の為に卵を買ったのに毎回自分が納得出来る心を込めたお礼を言わない等…とても小さな事。。


その後謝りましたが、一泊旅行中無言・無視。
帰宅途中もまるっきり無視。勿論私が「SAに寄って」と言っても無視。
帰宅後、自分ひとりでまた車に乗り、最後の休日から月曜日未明にかけて一人ドライブに出かけました。

更にその後、1ヶ月無言・無視を続けていながらも、
エネMeだった私は謝り倒して、仲直りをし、夫婦生活を続けました…。


【2】
数年前のある日。
豆腐好きの旦那が豆腐食べたいと言い出した。
豆腐の中でも、彼は「木綿豆腐」が大好き。

旦那「食べたいー」
私「わかったw 買ってくるよw」
と、近くのスーパーに出掛けました。

ところが、スーパーに行くと生憎木綿豆腐が特売のため品切れ。絹ごし豆腐だけがあった。
(これ、買っていって要らないって言われたら私が食べよう)
そう思い購入し帰宅した。

私「木綿がなくてさ、絹ごしを買ってきたんだー」
旦那「・・・・」
私「要らなかったら私が食べるよw」
旦那「あんた、何のために携帯持ってるの?無いならなんでその時に電話して来ないんだ?」

た、確かに…。

私「あ…ごめん…じゃあ別のスーパーに行って木綿豆腐見てくるわっっ」
旦那「そういう問題じゃない!!!!」

そういって私の髪の毛を掴み、床に押し付けました。
私「ごめんなさい!! ごめんなさい!!」
旦那「あんた、そうやって謝ったらなんでも許されると思ってるの?」
旦那「あんた、俺が絹ごし豆腐を食べないって知ってるよね? 携帯電話を持っているんだから、スーパーに出かけた時に携帯で電話をしてそれを伝えれば代わりのものを買ってきてと伝えたんだよ。」
私「電話しなくてごめん。自分で勝手に判断をしてごめんなさい!!!別のお店で買ってくるから!!」
旦那「だから、そんな事を言ってるんじゃないって言ってるでしょ?俺は、俺が行った買い物に間違ったことはない。あんたはどうだ?この違いが分かるか?」
髪の毛をグイグイ上下させる旦那。
旦那「俺なら、在庫がないと分かった段階で電話するかメールで確認を取り、その上で買う。あんたは携帯を持っているのにそれすらしようとしなかった。分かるか!これがあんたと俺の違いだ!」
旦那「泣けば済むと思ってる?違うよね?泣いても仕方ないでしょ?何やってるのあんた?」


私は、兎に角怖くて怖くて・・・いつも優しく穏やかなのに、どこで入るか全く判らないスイッチでいつも豹変させる。
これはわたしのせいなんだ。私がこの人を怒らせるからこんな事になる。本当にそう思ってました。

その時の私は、それだけを考えていました。
今は無事に離婚をしています。

この後、彼は1人で豆腐が存在しない私の作った料理のみを1人で無言で食べ、テレビを見て大爆笑し、バサバサ髪になって座ったままの私をそのままにし、食べ終わると、買ってきた絹ごし豆腐をゴミ箱に…。


翌日から暫く、彼は私を無視しました。
私は…謝ると同時に彼に尽くし、夫婦生活がもとに戻りました…。


これは今から8年以上前の話。私の離婚話は、直近一年以上に及ぶものです。
近く、どこかでお話をしようと準備中です。
絶対に、大爆笑で、是非目覚めた私を見て欲しい。

そう思う決意を込めて、2つのエピソードを前もってこちらに投げさせて頂きました。

では、また後日に。



当サイトで皆様の体験談、相談、愚痴、吐き出し。何でもお待ちしております
コメント欄 or メールフォーム から投稿下さい!





このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2017年11月08日 20:53 ID:kijyomatome