桐・陶器用木箱・焼き印入り2

985: 可愛い奥様[sage] 2010/12/13(月) 10:19:43 ID:qTEkEnSB0
大学時代に友人の縁談をブチ壊した事。 
大学時代のサークル仲間のA子は超絶美人だけどその分 
自己愛と男遍歴が半端なかった。 

当時はまだデジカメなんてものはなかったが、自撮りした自分の裸の写真を 
引き延ばして保存していたり、美貌に寄ってくる男どもをいい様にコロがして 
女王様気取りで、男性からの贈り物やらデートチケットやら、男関係の戦利品(?)を
収納している「彼氏box」なる収納ケースがあって、中身をよく見せられて自慢していた。 

ただ、A子自身は面白い子だったし、当時は私達も「男をコロがすA子カッコイイ( ・∀・)」 
という感じで、ちょっと乗せていたいたきらいもあったと思うのに、そのA子が卒業間際に 
実家繋がりから故郷の名士の息子さんとお見合い、順調に交際スタート 
ゆくゆくは結婚でしょうってノリで、その彼氏を紹介された時に、あっさり今までの彼氏を 
全て切って平然としているA子を懲らしめてやりたくなって 
コッソリ、その彼氏の鞄の中に無記名で「避妊具まで常備しているほど男関係が派手」
「彼氏boxの存在」を書いたメモを入れてしまった。 





結果、彼氏とは破局してA子は卒業式まで殆ど大学に来なくなった。
私はメモの犯人捜しをされて、A子と一蓮托生で墓穴に入る覚悟だったけど
メモの事はA子からも漏れて来なくて、当時一緒に彼氏に会った
数人のサークル仲間にも知られずに済んでA子を除いたメンバーとは
今でも付き合いがあるものの、未だに当時のA子の破談と
その後のA子の急な変化は謎とされていて、事実を言えば多分
彼女達と絶交されると思うので、絶対に言えません。





986: 可愛い奥様[sage] 2010/12/13(月) 10:34:00 ID:ljKFpZeR0
>>985

その見合い相手のボンボンはメモの件を一切A子に話さなかったんでしょうね。
(恐らくA子は今でも知らないんじゃないかな?)
そんでこっそり興信所使って素行調査開始→男関係ばっちりクロの証拠掴んで
その報告書をA子に突き付けて破談宣言。
親&親戚&地元皆にもバレて恥晒したA子はヒキ化。
卒業後はA子 どうなったんだろうね?


987: 可愛い奥様[sage] 2010/12/13(月) 10:39:38 ID:wQBcVw3V0
>>985

うん、それなりのお家は結婚前に興信所つけるからどの道ばれてたと思う
あなたが気に病むことはないと思うよ 悪いのはA子なんだし

988: 可愛い奥様[sage] 2010/12/13(月) 16:49:59 ID:CunLa0HW0
>>985

久々に黒いのきた!
A子を懲らしめたい感情が特に強くは書かれてないけど
実際はどうだったんだろう?
憎くてたまらなかったのか、単になんとな~く思ったのか
後者だったらより面白いな

悪い事をするときって意外と淡々としたもんだよね

989: 可愛い奥様[sage] 2010/12/13(月) 17:41:35 ID:eZgAn9gD0
そのボンボンにとっては恩人、とまではいかなくてもきっかけを作ってくれた人として
感謝されてるかもしれない。本当に彼女自身を気に入ったなら破談までいかなかった
だろう(駆け落ちとか手段もある、彼女がそれを望むかどうかは別として)。

どっちにしろ彼女自身がまいた種だもんね。
それと、結婚する前に旦那候補を自分の経歴を知っている友達に会わせるなんて
彼女もツメが甘い。

990: 可愛い奥様[sage] 2010/12/13(月) 18:38:30 ID:xnvXtpN80
そんだけのボンボンなら、A子の素行調査くらいしてそうだね。
で、985さんは知らないだけで、実はサークル仲間にもさりげなく調査員が近づいてて、サークル仲間の他メンバーがあれこれチクったということも十分に考えられるがにゃ。

991: 可愛い奥様[sage] 2010/12/13(月) 19:19:20 ID:j225G/FC0
女の嫉妬を甘く見ないほうがいいよね。
貢物自慢とか、男関係は誰にも話さない人が賢いね。

992: 可愛い奥様[sage] 2010/12/13(月) 19:22:22 ID:5SWVDWhQ0
本当に大切なものは誰にも見せてはダメって言うよね
どんなに仲良しな友達でも、一生仲良しかどうかなんてわからないし
モメた時に一番怖い敵になる

引用元: ・奥様が墓場まで持っていく黒い過去【黒の11】





このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2017年11月13日 19:24 ID:kijyomatome