maxresdefault
571: 名無しさん@おーぷん 2016/01/11(月)02:26:04 ID:en7
カーチャンて単純だよな
朝昼晩のメシを美味い美味い言うだけでニコニコ
ありがとうね、なんて言ってくる
いや、美味いメシ食えるこっちがありがとうなんだけどさ
そんなウマメシで構成されたウンコですら放出するの勿体なく思える
もちろん出すけどさ
いつも「これ夕飯代」と五千円くれるけど
帰省終えた日の夕飯はカーチャンのオニギリだよ






572: 名無しさん@おーぷん 2016/01/11(月)02:40:36 ID:fa6
>>571

美味しい美味しいって言ってご飯を食べてくれる人って、実は結構少ないんだ
自分が作ったご飯を美味しいねーって言いながら食べてくれるのって本当に嬉しいもんだよ
あんたいい息子だね

573: 名無しさん@おーぷん 2016/01/11(月)09:50:15 ID:hli
>>572

十中八九当たり前って顔になり
最悪の場合文句あるときに口出すだけになる人結構いるよね

昭和初期生まれにしては珍しく嫁大好きを隠さず
結婚当初から家事も育児も手伝っていた男でさえ
晩年ややモラハラ気味になったりすることもあるので
母親に対してや付き合ってる彼女に対して糞な奴の行く末推して知るべし

結婚したら変わるよね子供生まれたら変わるよね
な女性を見る度ゼロじゃないが限りなくゼロに近いのだから
相手が死ぬまで変わらなくても平気な自分になれないなら別れろと思う
口に出すかどうかは距離感によるけど

574: 名無しさん@おーぷん 2016/01/11(月)09:53:42 ID:hli
十中八九は言い過ぎた
あと言い忘れてた
>>571
は本当に素晴らしい
その気持ち忘れず自分が家族持ったら家族にも是非そうして下さい
言われなくてもするだろうけど

575: 名無しさん@おーぷん 2016/01/11(月)10:02:51 ID:DDE
よくさ
妻「今夜何食べたい?」
夫「なんでもいいよ」
妻「何でもは困る」
みたいな会話を聞いたり見たりするけどさ、妻の立場としてはどの程度の答えを求めているんだろ?
我が家では父が「昨日魚だったから野菜メイン」とか「今日はスパゲティ食べたい」みたいにそれなりに具体例を挙げるから上記の会話とは無縁なんだけど。

576: 名無しさん@おーぷん 2016/01/11(月)10:19:10 ID:hYw
>>575

肉か魚、麺かご飯位言ってもらえると良いのかな
あと体調で重め軽めもあるかよね

夫「何でもいい」
妻「ではヘボご飯ということで」
夫「…」

ってならないものなのか

585: 名無しさん@おーぷん 2016/01/11(月)13:20:20 ID:uDc
>>575

希望の料理があればそれを、もしかは食べたくないものを「これ以外なら」と教えてくれると助かるな
他には肉料理なのか魚料理、麺(うどんそばパスタ中華麺やきそば等)、
もしくは大きく和食、洋食、中華、その他とか、さらに大きくガッツリ系コッテリ系サッパリ系とか
とにかく何かいいか悪いか、方向性を教えてくれると助かるよ

586: 名無しさん@おーぷん 2016/01/11(月)14:03:50 ID:PhE
>>575

そんなの人によりどこまでの回答が正解かなんて変わるけどさ
毎日の献立考えるのも結構めんどいので
「悩んでるからヒントちょーだい」って言われたと思えば「なんでも良い」は出てこないかもね。

自分はキッチりリクエストされたら作りたくなくても作らなきゃいけなくなるので
肉/魚、米/麺、温/冷 とかで答えてくれると嬉しい

587: 名無しさん@おーぷん 2016/01/11(月)14:30:49 ID:zZw
>>575

たぶん、求めているのは答えじゃないと思う
妻が希望しているのはコミュニケーションじゃないのかな
「献立どうしようか悩んでいるの昨日はアレ食べたし、今日はコレ食べたし、
でもあの食材使い切りたいし、ああもう考えるの面倒くさいなあ」
って気持ちに寄り添って「いつもありがとうね」だの「考えるの大変だよねごめんね」だの
そういう「お前が頑張ってるってわかってるから」な答えだったらなんでも正解じゃないのかな

この手の旦那はわかってくれない!で不満ぶちまける女性って、そういうものだと思う
「なに食べたい?」って聞かれて食べたいものをそのまま応えても絶対満足しないよ
冷蔵庫の中身把握した上で作れそうなもの言っても無理だと思う

引用元: ・何を書いても構いませんので@生活板 17





このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2018年02月12日 20:57 ID:kijyomatome1