11-2
138: 名無しさん@おーぷん 2015/05/05(火)16:07:14 ID:hES
あれは修羅場だったのかもと思ったので書きこみます。

当時25才の私は坂にある安いアパートの半地下に住んでいました。
半地下というのは1階が半分地下、つまりベランダの窓を開けると目の前が地面という物件でした。
不法侵入については考えましたが、敷地に入るには外付けのドアサイズの扉を越えないといけないし、夕方までは管理人がいたので呑気に考えていました。

ある日、ベランダの窓の鍵が壊れました。しかし夜だったので明日直そうと思い、寝ました。
カラカラと窓が開く音がして目を覚ますと、薄暗い室内でカーテンがふんわりと膨らんでいるのが見えました。人が入ってきたと思いました。






恐怖より知らない人に入られた不快さが勝り、飛び起きた私は暴言を吐きました。いざとなったら机の上のPCを投げつけようと思いながら、あたふたする人をカーテン越しに押し出しました。
110番をして交番のお巡りさんが来てくれましたが「逃げてください」と注意されました。

それでも住み続けた翌年、ベランダに「あなたの捨てた下着使ってしてます」という手紙と証拠写真が置かれていて
さすがに引っ越しました。

142: 名無しさん@おーぷん 2015/05/05(火)19:09:53 ID:Gpn
>>138

怖い
さすがにすぐ引っ越しましょうよそれは…

引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その10】





このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2018年02月16日 20:46 ID:kijyomatome