2016_0913_sam3

こちらはコメントにて当サイトに直接投稿いただきました記事です
【名無しの鬼女】 さんありがとうございます!

[投稿日時] 2018年03月02日 13:05
■体験談

コトメの住む地域の学校は、入学して割とすぐに運動会がある。他の学校は知らんが、コトメ子の通う学校ではお昼はグラウンドで家族一緒に食べる事になってる。

それでコトメに運動会の弁当を作れと命令された(旦那経由)。コトメ一家(コトメ夫婦に小学1年生のコトメ子と幼稚園児のコトメ子2人)とウトメの計7名分。やってられるか。
でも旦那が土下座(安っぽい)してまで頼みこむので、材料費は旦那の小遣いから出させて、心を込めて作って差し上げましたわ。







・超巨大な容器(探すのに苦労したわ)に海苔を敷き詰めてご飯入れて具をいろいろと乗せてまたごはんで挟んでギュウギュウに押してまた海苔を貼る(巨大なのり弁を御想像下さい)所謂「お握り」の様なもの。

・鳥一羽丸ごと唐揚げ。生焼けは流石にマズイと思って、いっぺん丸ごと茹でて中まで火を通したものを表面だけ揚げた(美味しくないかも知れんが生焼けよりいいでしょ)

・じゃがいもも丸のまま揚げたフライドポテト。これも半生にならないようレンジでチンしたのを丸のまま揚げた。

・人参もブロッコリーも丸のまま茹でて、トマトも大きいのを切らずにそのまんま。

・卵20個使って焼いた巨大卵焼き。当然切れ目は入れずそのまんま。(これが一番大変だった…私もアホだ)

これらをホイルでそれぞれ中が見えないようびっちりと包んで、唐草模様の風呂敷(唯一目に見える嫌がらせ)に纏めて当日の朝コトメに届けた。私はうっかりさんだから箸を入れるのも忘れてた(作るのに夢中でマジで失念してた)コトメは一応中をチラッと見たけど気が付かず。

届けた後は家には戻らず実家にGO。ただ家を出る時まだ旦那は寝ていたので、ブランチにとお弁当を作ってあげた。緑の紙に包んで。(中身は普通の弁当だが)

起きた旦那が緑の紙見て慌てて実家に来たけど、私両親にガッツリ絞られて反省。2度目は無いと思え、今度コトメや義実家の奴隷要請を承諾するような事したらマジで別れると宣言して一応再構築となった。勿論コトメや義実家とは疎遠にする事も約束させた。

一方コトメ達、お昼になってさあ食べようと包みを拡げたら…唖然。箸を調達しようにも近くにコンビニはない。家に帰って箸を…と思うより早く、普段から文字通りの餓鬼であるコトメ子達は待ちきれないとそのまま齧り付き肉を奪い合ったりして大騒ぎ。近くの人達に「実にワイルドなご家庭ですね~」と笑われたそうだ。しかもコトメ、ママ友には「お弁当はワタシが頑張って作ったの~」と言ってたらしくてママ友達にも嘲笑われたそうだ。

当然夕方コトメが家に凸したけど、旦那が約束通りブロックして追い返し絶縁を宣言。後に引っ越し。ウトメコトメには一切住所も連絡先も教えてない。

それからは平和だけど、あの時作った鳥の丸揚げがどうも忘れられなくてこの前再現してみたら(茹でるのは無しでじっくりと2度揚げした)結構美味い。
しまった、糞餓鬼コトメ子達に美味しい思いさせてしまったか…と思うと悔やまれる。味付けしなきゃよかったかな。

当サイトで皆様の体験談、相談、愚痴、吐き出し。何でもお待ちしております
コメント欄 or メールフォーム から投稿下さい!





このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2018年03月17日 21:26 ID:kijyomatome