18AA6BD3-138B-45B8-AD6A-F3C53FB14EEF
434: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2011/09/05(月) 14:06:10.20 ID:E6nrfLnJ
昔、中学からの大親友AをCOした。
Aは長く鬱を患っていたが、私もつられ鬱になりながらも、しょっちゅう相談に乗ったり、トラブルの時は泊めたり、
自分で言うのもなんだが、私の親が心配するほどそれは面倒をよく見た。

病気も治りかけのある時Aに、
「私はいかに自分が俗世間に興味がなかったか、よくわかった。
今までの自分は偽りだった。
世の中に合わせすぎて鬱になったようなものだ。
楽しかったように見えた学生生活も、結局は無理をして得たものだった。
今ではあんたや友人たちの事がどうなろうが興味もない。
元々友達に興味なかったみたいだから。
この私が本当みたいだから、嫌なら絶縁してもらって構わない」
と言われたので、COしてやった。






一気に十数年がバカらしくなった瞬間だった。

以後、Aは一回り以上年上の怪しげな占い師と結婚した。
夫妻で人間嫌いなため、人里離れた家で自給自足の生活をしているらしい。
子供も生まれたらしいが、そんな親のもとでまともに育つわけないと確信している。

偏見だらけだが、それ以来鬱患者には近づかないようにしている。

435: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2011/09/05(月) 14:09:14.37 ID:hnwHoKdS
>>434

乙だが。
Aもそこまで徹底してたら立派だと思う。

440: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2011/09/05(月) 18:07:22.52 ID:E6nrfLnJ
>>435

それがそうでもない。
たまには寂しいのか、その後何年かしてメールが来たので、
「あの時の言葉を忘れた訳じゃないから」
と突っぱねたら、
「そんなこともあったっけw まぁこれからもよろしくw」
と返され、それから本当に絶縁した。

引用元: ・友達をやめるとき 101





このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2018年05月16日 14:24 ID:kijyomatome