img_0
341: 名無しさん@おーぷん 2015/10/28(水)17:51:33 ID:P9D
今も進んでる修羅場話。
うちの母方祖母は人形職人をしてた。
人形って言っても今時よくあるようなデフォルメされたような可愛らしいやつじゃなくて西洋人形的なリアルな見た目の物。
普通に観賞用として注文する人もたまにはいたけど、祖母の人形は基本的には幼くして亡くなった子供の棺に入れたり、故人の生前の姿を人形として留めておきたいって人が注文してくるやつなのね。
そういう遠巻きとはいえ人の死に関係する物を作る祖母をちょっと怖く思ったりしてた。
あ、でも基本的には祖母の事好きだよw
仕事の人形は怖くて苦手だけど、私の誕生日のプレゼントとして作ってくれた人形は今でも宝物だしねw
そんな祖母は私が中学2年に上がった年に仕事をやめた。






視力も落ちちゃったし細かい作業しようとしたら手先が震えちゃうから売るような代物は作れなくなったからって言ってた。
とは言ってもやめた後も身内や近所の人には頼まれて作る事は続けてた。
仕事ではあったけど祖母の趣味でもあったからね。人形作り。
その祖母がだんだんとボケてきちゃってさ。
わりとぽんぽんとボケは進んでっちゃったのにそれでも人形を作るのは出来てた。
何十年もやってた事はボケても身体が覚えてんだねぇってみんなで驚いた。
けどもボケのせいなのか他に理由があるのか確かな事はわかんないけどなんか思考が変な方向に進み出してね。
親戚や母とかに「あなたが亡くなったら私が人形を作ります。」って言い始めて、最初は「仕事してた頃に頭が戻ってんのかな。」って話してた程度だったのが、
日が経つにつれて「あなたが亡くなったら人形が作れるのに。」に変わってったんだよね。
それからは一気に言動が酷くなってって周りに「早くシネ。」「いつシんでくれるんですか?」って聞くんだ。
こりゃどうしたもんかって母と母兄弟が頭抱えてる間に母兄弟の長兄嫁さんが祖母にナイフで襲われる騒動が起きてしまった。
幸い命に関わるものじゃなかったけどそれが原因で長兄夫婦は離婚、他の人も危ないってんで祖母は施設に入所。
施設に入ってからは祖母の見舞いに行ってないけど、母の話では多少は落ち着いたけどたまにたかが外れると自分で作った家族をモデルにした人形を床に叩きつけたり窓から放り投げて『コロして』いるらしい。

342: 名無しさん@おーぷん 2015/10/28(水)18:20:12 ID:9K9
うわあ、おばあちゃん・・・・

人形作家で思い出した
足の悪い女性作家の個展を偶然観たんだ
お若い頃の作品はかわいい人形なのに、
どんどん意地の悪い不気味な人形になっていくのを観るのは恐ろしかった
なのに、彼女のお取り巻きたちは、可愛いとか素晴らしいとか褒めまくるの。
これが?どこが?って、不気味だった
ご本人から上気嫌で話しかけられたが、底辺の仕事だと答えたとたん無視されたw
数年後、偶然彼女の自宅前を通りかかったら、彼女は車いすで夫が押していた。もう知性も残っていないように見えた。
その様子に、あの怖ろしい顔のお人形を関連ないが唐突に思い出した

343: 名無しさん@おーぷん 2015/10/28(水)18:32:05 ID:cf6
>>341

ボケて変な回路がつながったんだな~ (-人-)ナムー

引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その14】





このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2018年05月28日 19:24 ID:kijyomatome