ID-10032890
251: 名無しさん@おーぷん 2016/09/23(金)17:08:30 ID:VYw
フェイクありです

昨日、友達2人(A,Bとします)と街へ出掛けました。
AとBと遊びに行くのは久し振りだったので、たわいもない話をしながら3人で並んで歩くだけでも楽しかったです。

そこまでは良かったんです。

そろそろお開きにしようかということになり、帰るために駅に向かっていた時の事でした。
見慣れた影とすれ違った気がして振り返ったら、昔の部活の先輩だったんです。
実は僕は、その部活で色々あって、敢えなくその部活を辞めていたんです。そのせいでフラッシュバックや幻聴(?)の様なものが発作みたいに起こり、精神科にも通うようになっていました。
先輩とすれ違ったとき、僕はその事を思い出して少しパニックになってしまいました。






過呼吸、幻聴、締め付けられるような感覚等々…

それが一気に僕を襲ってきました。
今回は凄く酷いものだったので苦しかったです。ですが、どのくらい経ったのか分かりませんが、僕の中で段々色々な感覚が切れていく感じがしました。

最初は、ここが何処かという感覚。

次に、周りに居るのは何者かという感覚。

自分は何をしていたのか、今は何時で何故ここにいるのか…

段々僕の中の感覚が消え、何もかも分からなくなっていきました。
「A,B」の「大丈夫?」という「声」が「何か」の「意味のない」「音」となっていくときは自分の周りから何もかも消えていく様な感じがしました。
ついには発作の苦しみも消え、そこから暫く僕の記憶はありません。
次に気づいたときには、少し朦朧としていましたがちゃんとAとBが居るという認識ができ、自分が誰かがはっきりとしていてホッとしました。
今考えると、あれは今まで感じたことのない苦しみを脳がシャットアウトしようとしたから起こったのかもしれないのですが、色々な感覚が消えていくという経験は僕にとって凄く衝撃的でした。

252: 名無しさん@おーぷん 2016/09/23(金)20:56:38 ID:VYw
>>251
ですが、改めて読むと読みづらいですね…
上手く書けなくてすみません。

253: 名無しさん@おーぷん 2016/09/24(土)09:59:04 ID:5c7
PTSDかしら
よほど嫌な思いしてたんだね

引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その15





このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2018年06月07日 01:32 ID:kijyomatome