100000321
266: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2012/06/14(木) 02:40:47.72 ID:LhnwZC0l
相手指定の待ち合わせ時間に必ずし15~30分は遅れる女がいて
理由は「途中で郵便局よったら混んでて☆」とか「本屋よっちゃって☆」とかだった
で、意地でも謝らないw
でもそこまではまぁいいか…?で済ませたんだけど
一番腹立つのが絶っっっ対に走らない
向こうからこっちが待ってるの見えてるのに走らない
手を振りながらちんたら歩いてくる
いい加減うんざりして、こっちが不機嫌あらわにしたときのいいわけが
「新しいヒールが足に合わなくて☆女って痛くても我慢しなきゃいけないでしょ?お洒落忘れたら女じゃないでしょ☆」
だったとき距離を置くことを決めた
ジェンダーフリー思想を変に拗らせた奴だったよ






267: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2012/06/14(木) 02:55:02.73 ID:P/TDmEcP
>相手指定の待ち合わせ時間に必ずし15~30分は遅れる女がいて
>理由は「途中で郵便局よったら混んでて☆」とか「本屋よっちゃって☆」とかだった

自分の友達にもいる!
自分が指定した時間に合わせてんのに、なに寄り道してんだよ!って思うわ
酷い時は、合流してから更に「銀行寄っていい?」とかいうこともある
なぜ時間を逆算して用事を済ませることができないんだろ

268: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2012/06/14(木) 03:37:29.07 ID:aff03vM0
その女と待ち合わせるとき、40分遅く行けばいいじゃない

269: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2012/06/14(木) 03:48:43.49 ID:LhnwZC0l
>>268

そういう問題ではないとおもうけど。
待つ時間もそりゃ嫌だが、一番嫌なのが相手を待たせてもいいって思える謎な思考回路でさ
まあもうまともに友達付き合いしてないし実害ないんだけどねw

270: おさかなくわえた名無しさん[] 2012/06/14(木) 06:34:59.48 ID:vy7aE7E9
>>269

それで万が一自分が遅れようもんなら末代まで遅刻魔と言われる勢いで
本人に対してだけじゃなく周りにも広めるからな。
あー、電車の遅延で待ち合わせ遅れたのに人として最悪とボロクソに
言われたのを思い出した('A`)

271: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2012/06/14(木) 07:41:44.74 ID:SCGrjDNy
遅刻魔に注意したら「遅刻くらいで怒るなんて神経質だよね~。
私だったら遅刻されたくらい気にしないのに(笑)」
と言われて本気で引いたな

そういう台詞は毎回30分~1時間遅刻を待たされてから言え

279: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2012/06/14(木) 14:49:29.54 ID:M89Cy4Iu
決められた事を守って動いてくれない友人A。

手芸系のサークルで市民祭りに参加し、サークルのメンバーそれぞれに
仕事を割り振って当日を迎えたんだけど、Aは自分の仕事が済むと
他の人の仕事を無断でやってしまう。

手際がいいので一言言っておいてくれればとても有難い
ことなんだけど、たとえば午後イチでCさんが保管場所から
作品を展示会場に運ぶ役だったとすると、午前の終わり頃に
Aは自分で作品を運んでしまい、それを言わない。
何も知らないCさんは保管場所に行き「作品がない!」と慌てて
連絡してくると「ああ、さっき運んどいた」とあっさり。

他の人の仕事を取らないでほしい、せめて一言言ってくれと
お願いしたのだが、いちおうわかったとはいうものの、
「せっかくやってあげたのになぜ怒るの?」という。

Aを知る人が「Aは自由業をやってて勤め人になったことがないから
複数で仕事をするということの意味がわからないのだろう」とのこと。
学生時代だってそういうことはあったろうになあ・・となんか納得できない気持ち。

280: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2012/06/14(木) 15:16:39.88 ID:QQerSzIx
>>279
 乙

>手際がいいので一言言っておいてくれればとても有難い

本当にただこれだけのことなのにね。
「Aさんが昼前にもう運んでくれたんだって」と保管場所で聞かされた
焦っていたCさんの瞬間的な気持ちを想像すると相当きつい。感謝とは対極のものになるよね。

引用元: ・友達をやめる程じゃないけど本気で引いた時32引目





このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2018年06月11日 23:24 ID:kijyomatome1