yuo_sangokusi_20

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/12(金) 23:47:12.51 ID:5fLCujMC0
ゆっくり勝手に語っていくから付き合ってくれ

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/12(金) 23:47:32.99 ID:3W6aGOR10
お前親友いないじゃん

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/12(金) 23:48:11.14 ID:/eQjmlI10
>>2

やめろよそういうこと言うの…






7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/12(金) 23:48:51.83 ID:AFihRdU00
狂ってたのは
>>1
というオチ

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/12(金) 23:48:48.86 ID:5fLCujMC0
久しぶりのスレ立てで何から書いていいかわからんが、親友の名を背が高くイケメンだったので、モコミチとする
出会いは中学の時だった

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/12(金) 23:51:11.82 ID:5fLCujMC0
ちょっとその前に、俺の過去を話す
両親は共に社会的地位が高く、一見幸せな家庭に見えたはず
ただ、両親共に、自分の親を若くして亡くしており、子供に対する接し方がわかっていなかった

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/12(金) 23:54:54.96 ID:5fLCujMC0
小学校低学年の頃、俺はバスケットをやっていたんだが、試合中に一度でもミスをすると、親父に皆の前でボコボコに殴られた
鼻の骨と、指の骨と、肋骨を折り、そのチームにいられなくなり、学校でも一人ぼっちになっていった

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/12(金) 23:58:11.17 ID:5fLCujMC0
先に、社会的地位が高いと書いたが、両親共に、国家公務員で、公務員宿舎に住んでいたんだ
だから、俺が皆の前でボコボコに殴られた話は瞬く間に広まり、誰一人話してくれなくなった
ちなみに、俺の小学校の生徒の半分は国家公務員の子供
帰宅中に、官舎の周辺を通ると、何十人もの母親と子供から指をさされて好奇の的にされた

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:02:16.24 ID:jAwhTG8h0
>>18

>帰宅中に、官舎の周辺を通ると、何十人もの母親と子供から指をさされて好奇の的にされた

それ幻覚とか被害妄想っぽいんだが

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:04:53.08 ID:c91w98Ut0
>>23

本当です。
懇談会で、僕の実名を出して文句を言ってたくらいですから

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:02:00.25 ID:c91w98Ut0
そんなこんなで、小学校四年生になった頃、妹の身に大事件が起きた
俺も知らなかったんだが、妹が実は癲癇で、学校で発作を起こし、倒れた
当時、癲癇は、世間で最も忌み嫌われる病気と言われており、泡を吹いて気を失った妹は、あまりにもショッキングだったらしく、更なる差別やイジメに繋がった

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:05:42.43 ID:c91w98Ut0
そして、忘れもしない事件が起きる
妹の癲癇事件から一年後、親父は順調に出世し、半年近く家にいなかったんだが、ある日いきなり帰ってきた
酒もタバコもやらず、趣味は食べる事だけの親父が、30㎏も痩せ死んだような目をしていた
そう、親父が、重度の統合失調症になって帰ってきたのだ

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 01:12:55.20 ID:jAwhTG8h0
>>25

やっぱりじゃん
統合失調症って遺伝するよ

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 01:16:47.24 ID:c91w98Ut0
>>66

先天性の遺伝ではなく、環境的な遺伝はかなりあるよ
毎日そういう家で生活をしていると、本当に頭がおかしくなる
思考の根本が蝕まれて、何もやる気がなくなるよ

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:07:08.68 ID:opDm/PoI0
もこみち出番ないやん

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:07:57.61 ID:c91w98Ut0
>>26

もうすぐでます

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:10:49.94 ID:c91w98Ut0
それからが地獄の始まりだった
国家公務員のコミュニティは意外と狭く、官舎には何万人単位で人が住んでいたため、主婦は挙って俺達家族を話題のネタにした
それに加えて、インターネットが普及し、闇掲示板と言われる掲示板に、俺達家族の事か書かれたのだ

勿論、友達は0

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:12:26.92 ID:c91w98Ut0
それから数年は、家に帰ると母親は泣き喚き、父親はヨダレを垂らして家にいるか、入院するか
妹は引きこもり泣いている
そんな生活だった。勉強が好きだった俺は辛うじて学校に行き、気付けば中学二年生になっていた

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:15:11.50 ID:opDm/PoI0
>>31

親父何があったんだよwww

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:17:25.89 ID:c91w98Ut0
>>34

親父は、国家公務員の花形である財務省勤務で、物凄くプライドが高かったが、学歴が地底且つど田舎出身で、そこを連日連夜馬鹿にされたり、三ヶ月睡眠時間二時間で働かされたりして、おかしくなったみたい

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:15:01.96 ID:c91w98Ut0
中学二年生の新学期が始まる頃に、モコミチとの運命的な出会いがあった
モコミチは転校生で、例によって例の如く、国家公務員の息子で、地方から引っ越してきた
俺の過去を知らず、イケメンで人当たりのいい彼は、一人でいる俺と自然とつるむようになった

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:19:56.70 ID:c91w98Ut0
それから一年間はとても楽しかった
修学旅行では、隠れて女子風呂を覗いたり、お酒を飲んでひっくり返ったり、自己処理の研究に明け暮れたり、何日も家に帰らず、クワガタを取りにいったりした

人生で始めての彼女が出来たりと、人生のピークを迎えた

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:23:43.91 ID:c91w98Ut0
そして、高校受験を迎える
俺はどうしてもモコミチと同じ進路を進みたかったが、モコミチは物凄く学力が低かった
勉強たけは好きだった俺は、迷いに迷い、住んでいる地域で一番の進学校を受ける事にした
モコミチは、地元の工業高校に行く事にした

今思うと、その頃からモコミチはおかしくなっていたのかもしれない
昼休みに変な錠剤を飲んだり、遊んでもボーッとしてる時間が多くなった

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:26:03.57 ID:c91w98Ut0
受験シーズンは、各々が勉強をして過ごした
俺は図書館、モコミチは彼女の家
そして、二人とも合格し、残りの日々はあまり覚えていないが、毎日遊んでいたと思う

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:28:35.64 ID:c91w98Ut0
高校に進学した俺は、俺の過去を知らない人達に囲まれて、普通に部活をやり、普通に勉強をして、普通の生活をしていた

次第に、モコミチの事を忘れ、気付けば一年間も会っていなかった
再開は突然訪れ、地元のファミレスだった

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:29:47.93 ID:c91w98Ut0
忘れもしない高校二年の夏
ファミレスで読書をしていた時に、いきなり怖そうなヤンキー集団に話しかけられた

その中にモコミチがいた

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:32:51.44 ID:c91w98Ut0
モコミチは、工業高校に入ったが、虐められて半年でやめていた
中学時代からいじられキャラではあったが、俺みたいな嫌われ者と仲が良かったため、一線を超えるいじりはなかった

しかし、高校に入ってから、彼へのいじりを止めるものはなく、一見イケメンなモコミチだが、実は物凄く繊細だったため、鬱病になり、退学していたのだ

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:35:53.60 ID:c91w98Ut0
あまりの変貌に驚愕した
髪はオレンジ、服装はぶかぶか、息は酒臭く、腕には傷だらけ

とにかく驚いた俺は、後日二人で会って話す事にした
そこで、始めて彼の過去を聞く事になる

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:39:32.33 ID:c91w98Ut0
彼の容姿がイケメンだったため、苦しんでいるだなんて思わなかった俺は、今まで過去について聞き出そうとは思わなかった

始めて知った過去は俺と似たようなものだった
小学校四年生の時に父親が統合失調症になり、小学校五年生の時に姉が自殺し、中学一年生の時に、母親が鬱病になっていた

彼は、辛い事があると、常に笑い、笑顔て隠そうとするタイプだった
俺は、読書をしたり、映画を観て現実逃避をするタイプだった

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:42:01.33 ID:c91w98Ut0
そこからまた彼との付き合いが始まる
俺を救ってくれた彼を今度は俺が救いたいと思ったからだ

部活をやめ、塾をやめ、彼と毎日のように遊んだ
色んな話をした。俺と向き合ってる時は、昔のままのモコミチで、何も変わらないような気がしたが、それは大間違いだった

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:45:31.55 ID:c91w98Ut0
俺が高校二年になり、秋を迎えた頃、急にモコミチが失踪した
彼の母親から連絡がきて、その旨を伝えられた
何をしたらいいのかわからなくなり呆然としていると、再度連絡がきた
睡眠薬を大量摂取して倒れていたと

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:49:27.48 ID:c91w98Ut0
早期発見という事で、一命を取り留めたモコミチだったが、その日から完全に昔のモコミチではなくなった
急に泣いたり、急に怒ったりしたのが始まりで、その後は、自分の名前をググって嘔吐したり、血を吐くまでお酒を飲んだり、変な絵を描いたり、独り言が多くなった

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 00:54:46.77 ID:c91w98Ut0
そして、その頃、俺にも異変が訪れる
モコミチが狂い始めたのもあり、無気力になっていった
それに加えて、今まで父親への恨み辛みで生きてきたのに、父親が病気を克服し、今までの事を謝ってきたのだ

謝られて、最初は嬉しかったが、次の日から何もやる気が起きなくなった
今だから言えるが、否定に対する飽くなき否定は何も生まない

ただひたすらに、こんな親父になるものかと考えて生きてきた俺は、どうやって生きていけばいいのかわからなくなった
自分自身の意思なんて何もなかった

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 01:02:43.56 ID:c91w98Ut0
そこからが堕落の始まりだった
とにかく落ちぶれて、汚らわしく、不浄の存在になりたいと思っていたと思う
それが、両親への腹いせであり、自分自身に対する正しいレスポンスだと信じてやまなかった

ネットで女の子に絡み、遊びまくり、やりまくった
学校に行かなくなり、朝から晩まで酒を飲み、俺も日常的に吐血をするようになった

それに対して、どんどんよくなる家庭環境に更なる憎悪を抱くようになった
父親も母親も幸せそうな顔をし、俺に対して最もらしい説教をしてくるようになった。それが理論上正しい事なんて昔の俺でもわかっていた。
ただ、それを受け入れる事なんてできなかった。どれだけの年月を、親への恨みで生きてきたか考えると、どうしても受け入れられなかった。

そしてひたすら堕落していった
肝臓を壊し、入院するまでそれは続いた

今の今まで、親は俺に対する教育を間違ったとは思っていない
上記の謝罪は、金銭的に苦労をかけた事に対する謝罪のみ

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 01:06:42.25 ID:c91w98Ut0
俺が肝臓を壊し、入院した頃、モコミチが自殺未遂をした
前述の睡眠薬大量摂取は、一応自殺目的ではなかったらしい

今回は、手首を切っての自殺未遂だった
遺書にはこう書いてあった


「頼むから死なせて下さい。もう何も考えたくないです」
これは後からモコミチに聞いたため、事実かはわかりません

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 01:15:25.62 ID:c91w98Ut0
入院中、久しぶりに大好きな小説を読んだ俺は、また一から生きていこうと思った

ヘッセのデミアンを読み終えた時、病棟に響き渡るくらいの声で泣いた
親父が統合失調症になってから一度も泣いた事はなかったが、この時は違った
中学生の時、登校すると毎日靴箱に「お前の親父は引きこもり」と黒マジックで書かれても平気だったのに
この日は次から次へと涙が出てきて、嗚咽も止まらず、三人のナースに慰められて、本当に本当に深く眠った

俺は現実逃避型の人間で、現実の問題なんてちょっとした事がキッカケで解決できるタイプだった
ただ、モコミチは笑い続けるタイプだ
ふと彼が気になった。そう、気になっただけで何もしはしなかった

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 01:26:01.76 ID:c91w98Ut0
退院した後、早速モコミチに会おうと思った
だが、メールも電話も通じず、どうやら携帯は解約したようだった
そこで、彼の家に行く事を決意する
死んだ魚のような目をしたおばさんは、見た目は酷いが、モコミチの親友である俺に対してはとても優しかった

彼の居場所を聞くと、数ヶ月会わない間に色々と変わっていた

まず、モコミチの親父さんは病気を克服できず、退職し離婚
モコミチと母親の二人暮らしだったが、経済的に逼迫していたため、モコミチが一人暮らしをして生活保護をもらい、更に障害者手帳二級のお金ももらっていたのだ
始めて生活保護だとか、障害者手帳という単語を聞いた俺は、途方に暮れて唖然としていたが、モコミチがより一層狂った事は容易に想像できた

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 01:34:44.43 ID:c91w98Ut0
今でいうと、不正需給に近いのかもしれないが、その全貌はあまりにも酷かった
最早、お金なんかでは修復不能な人間の脱け殻を見ているようだった

やっとの事でモコミチと再会した俺は、彼の姿に驚いた
彼は細身のイケメンだったはずなのだが、一日に何十錠も薬を飲み、その中に激太りする薬があったようで、20㎏くらい太っていたのだ
ガマガエルのような顔をしており、昔の面影はなかった

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 01:38:20.06 ID:c91w98Ut0
彼は細身である事に自信を持っていた
その姿はオシャレで、カッコ良かった
周りも、彼を褒める時はそこを褒めていた

だからかもしれない
僅かに残った理性や人間性が罪だったのかもしれない
彼はその後、重度の過食症と拒食症に苦しめられるようになった

皮切りは過食症。食べるのが好きだった彼は、薬ではなく、食べるから太ると考えた

既に薬漬けにされており、マトモに考えられない彼は、吐いて食べ吐いて食べを繰り返すと、体重が増えないという当たり前の事実に傾倒していったのだ

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 01:42:00.95 ID:opDm/PoI0
モコミチがオリーブオイル体中に塗りまくるシーンになったら教えて

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 01:42:41.25 ID:c91w98Ut0
俺も部活をやめてちょっと太った事がある

普通の人間は、食事を減らしたり、運動をして痩せようとする
ただ、あまりにも思考回路が捻じ曲がった人間は、食べる行為そのものを忌み嫌ったり、吐く行為を神聖な儀式だと思うようになる

強い人間からすると、吐けば痩せるなんてアホだと思うかもしれないが、世の中には思考の根底がこういう部類の人もいる
無論、本人達はそんな事を思ってはいないが、本質はこれほど簡単なものであったりする


モコミチは、一日に15000カロリーを摂取すると同時に、それを吐き出した
それを繰り返しいくうちに、食べる行為を悪と思うようになり、食べ物を口にできなくなった

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 01:46:34.96 ID:c91w98Ut0
高校三年の夏頃だったか
モコミチは185/45くらいになった
昔は185/58だったかな

骨と皮しかなく、部屋のソファーから動く事はなかった
薬を飲むための水すら飲めなくなり、唾をコップに貯めて、それで何十錠もの薬を飲むようになった
どうにかしたいと思った俺は、彼を外に出そうと思い、色んな所に誘った
だが、決して来る事はなかった
目は半開きで、一日の大半を寝て過ごすようになった
部屋は施錠しておらず、自由に入る事ができたため、毎日のように会いに行き、話し掛けるようになった

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 01:52:11.76 ID:c91w98Ut0
ある日、昔の話をした
中学時代のたわいもない話だ
彼は無言で相槌を打っていた

その日は特別体調が良いらしく、ビールを飲んでいた
俺もビールをもらい、飲んでいると酔いが周り、何故か感傷的になった
今でも後悔しているが、中学時代俺を救ってくれた事に対する感謝を始めて彼にしたのだった

お前がいなければ、俺は生きていけなかった
思春期に始めて優しくしてくれたのはお前だった
お前がいたから今の俺がいる


こんな有り体の事を伝えると、彼は一言こう言った

「それはよかったよ」

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 01:58:08.99 ID:c91w98Ut0
それからの日々は相変わらずだった
会いに行くと、死んだように眠る骨と皮の人間がいた
ごく稀に、過食をして、部屋中が嘔吐物塗れの時もあった
腕を切って血だらけの時もあった
自分の名前をググり、その情報を印刷したものを部屋中に貼ったりしていた時もあった

そして一度だけ、俺の大好きな豚汁を振舞ってくれた
彼自身は一口も食べなかったが、何故か俺の大好物を作ってくれた
本当に嬉しかった。全部一人で食ったな

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 02:04:48.71 ID:c91w98Ut0
高校三年の12月
いつものように彼の家に行った
彼はいつもの居間のソファーではなく、奥の寝室のベットで寝ていた
居間のテーブルはやけに片付けられて、その上には一つのノートがあった

何気なくそのノートを開いてみる
どうやら、精神病が悪化してから書き始めた日記のようだった

ただ、最近の日記には、あまりにも汚い字で同じ事ばかりが書いてあり、到底日記と呼べるものではなかった

「生きていけなかった」「生きていけなかった」「生きていけなかった」「生きていけなかった」「生きていけなかった」「生きていけなかった」「生きていけなかった」「今の」「今の」「今の」「今の」「今の」「今の」「今の」「今の」「今の」

他の文章もあったが、この二つの文章ばかりが目立った

察しのいい人なら、これが何なのかわかると思う

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 02:06:51.79 ID:c91w98Ut0
そして年末、彼は死んだ
ある川の辺で、睡眠薬を大量に摂取して死んだ

彼の母親がわざわざ連絡してくれた

いきなり自殺をもってきたのは、これくらい唐突に彼の自殺が訪れたからだ

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 02:11:39.75 ID:c91w98Ut0
遺書には赤裸々に彼の想いが綴られていた


どうやら彼は、俺の家庭環境を引っ越してから直ぐに知り、だからこそ友達になってくれたのだという
彼の家も悲惨な状態だった
だから、彼も誰かに必要とされたかったのだろう
俺はまんまと彼の思惑にハマった。彼は最高にいい奴だった
そしてそれは、中学の終わりまで続いた

ところが、高校になり、俺は新しい宿先を見つけた
俺が父親に対して、否定の依存をしていた通り、彼もまた俺に、強い依存をしていたのだ
彼は、俺を救う事を思春期に於いて、唯一の生き甲斐にしていたのだ

俺が案外普通に高校に馴染んだ事が彼の心に大きく傷を付けたのだ

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 02:15:09.26 ID:c91w98Ut0
実は、虐められて高校を中退したのも嘘だった。これは親も含めて全ての人を欺いていた嘘だった
俺から必要とされなくなり、無気力になってやめていたのだった

そんな事も知らず、彼を救おうとしていた俺は、どんだけバカだったろうか

彼は辛かっただろう。もう彼がいなくても生きていける俺が急に現れ、原因である俺に救ってもらおうとしているのだから

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 02:17:25.41 ID:c91w98Ut0
「生きていけなかった」「生きていけなかった」「生きていけなかった」「生きていけなかった」「生きていけなかった」「生きていけなかった」「生きていけなかった」「今の」「今の」「今の」「今の」「今の」「今の」「今の」「今の」「今の」

この言葉の真意がわかったのはこの頃だった
生きてはいけなかった。という事は、今は生きていけるって事は
今の。という事は、昔とは違うという事

つまり俺は、死に近付く彼に、致命傷を負わしてしまったのだ
もうお前は必要ないと関節的に伝えていたのだ

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 02:19:50.15 ID:c91w98Ut0
それに気付いた後、かつてないほどの脱力感に苛まれた
高校は辛うじて卒業したが、進学も就職もせず、ただひたすら、彼への発言の一つ一つを悔やんだ
その間に、アルコール依存性になり、入院もした

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 02:21:16.61 ID:Jcd6DgDE0
鬱とアルコールの組み合わせは宜しくないね

89: 重病患者 2012/10/13(土) 02:23:58.02 ID:OPlKxh1u0
もこみち…

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 02:24:38.32 ID:c91w98Ut0
そして、最後になるが、そんな俺を救ってくれたのが全ての元凶でもある両親だった
自分が悪い点も沢山あるし、一概には言えないが、俺にとって両親は間違いなく人生を狂わせた元凶
なのに、その両親が真摯に介護をしてくれ、支えてくれた
最初は例によって恨んだ。ふざけるなと。ここで両親に救われたら、今までの苦しんだ自分を全否定すると思った
だけど、あまりにも堕落してそんな思いも弱かった
今でも恨みは消えない
だけど、そろそろ自分で生きていきたくなった。だから無理矢理両親を尊敬していると思い込み、何とかバランスを取った

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 02:29:19.61 ID:c91w98Ut0
それから俺は中学の文集を探しモコミチのを読んだ
あまりお硬いクラスではなかったので、将来の夢と、好きな事を各々が好き勝手に書き殴っていた

モコミチの将来の夢は、町工場で働くおっちゃん
好きな事は、ジェンガだった

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 02:33:35.40 ID:c91w98Ut0
それから何とか社会復帰をした俺は、親のすすめで大学へ進学した
勉強を出来るような状況ではなかったので、地元のFランに進学した
初年度は一度も学校に行かなかったが、二年目から何とか通い、今年、どうにか就職にまでこぎつけました

とりあえず、落ち着いたので、何となく思い出したので書いてみました
泥酔状態で書いたので、乱文だったと思いますが、付き合って頂いた皆様ありがとうございます

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 02:46:39.69 ID:c91w98Ut0
読んでくださった皆様ありがとうございます
書いてちょっと心が落ち着きました
それでは

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 02:51:11.34 ID:SE86SZwE0
>>1
に幸あれ

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 02:59:36.12 ID:sySTp8QU0
やっと追いついたら終わってた
国Ⅰキャリアの家庭には多いのかね
うちもそうだったわ

1は頑張れよ、乙

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/13(土) 02:57:36.00 ID:A/9C0x1Q0

面白かった

人間って脆くもあり、強くもあるね

引用元: ・同じ境遇で育った親友が狂った話をする





このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2018年07月05日 12:24 ID:kijyomatome