kurumaisu_red
212: 名無しさん@生活サロン板できました 04/10/04 22:19:45 ID:sFzpt6O0
オラが警備員してた時。
細いT字路の|から−に車を誘導するのに─の車に止まっていただく。
しかしあまり長く止めると後ろが列をなし苦情がきます。
あるとき、−からぜんぜん車が来ない。
?と思い見ると車椅子の人が真ん中を通っている為、車が通れない。
すぐ後ろはトラックだったが、車椅子の人なので、クラクションを鳴らすのをためらったのだろう。




しかし、苦情はオラに来るだろう。後ろの車は事情を知らんから
あわてて車椅子の人を押し道の端に寄せた「危ないですよ〜端にいきましょうね」と。
すると「○○通りまで」
は?なんでそこまでせにゃならんのよ?
しかも、○○通りまで、せめてお願いしますと言えんか?
ま、車も流れたんで、放置。

214: 名無しさん@生活サロン板できました 04/10/04 22:59:29 ID:4/NvL4N3
>>212

GJ!
何様だ、その人w

215: 名無しさん@生活サロン板できました 04/10/04 23:20:58 ID:b03ptZUL
>>214

無敵の障害者様だろ

219: 名無しさん@生活サロン板できました 04/10/04 23:48:38 ID:n2UPJQfB
学生時代交通警備員してたけど、トラックの運ちゃんとかはいい人多かったですよ。
パンチパーマの恐そうなお兄さんに行き止まりの由を伝えると
「あー、まいっちゃたなあ、でもしょうがないか」
で済んだ。
困るのはおばちゃん。
通れないって言ってるのに
「ここの道しか知らないからとにかく通しなさい」
だって。


引用元: ・(-д-)本当にあったずうずうしい話 第8話





このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2019年04月16日 16:24 ID:kijyomatome1