焦り

616: 名無しさん@おーぷん[sage] 2018/09/29(土)06:48:37 ID:ZuC
昭和時代の話だけど、中学時代にいつもキリキリして
すぐカッとなる家庭科教師がいた
夏休み直前にスカートを作るという課題が出て、
続きは夏休みの宿題になった
服作りはもともと好きで自作していたので
いつも通りに作って夏休み明けに提出したら教師が発狂

「これはドレメ式じゃないの!!
私はこんなやり方教えてない!!教科書にもないでしょ!
学校で教わった通りにできないなら教師なんていらないじゃない!」
と号泣してその場にいた生徒全員ドン引き
「勝手なやりかたしてごめんなさい」と詫びて収まりはしたけど
きれいに縫えていることより形式の方が大事だったんだ、と驚いた

翌年家庭科教師は別の先生に変わった
「あなた上手だから私のアシスタントしなさいよ」
と本当にあれこれ手伝わせたり、
夏休み課題のパジャマを同級生が
紳士服を仕立てるお父さんに手伝ってもらったみたいで
バリバリにノリをきかせてYシャツみたいに畳まれていたのを見て
「これお父さんが手伝ったでしょwwわはは」と大笑いする、
優しくておおらかな先生で大好きだった
ただ、極端に恐ろしい教師と極端に人情がある教師、
両方を知っていることで教師に偏見持たずに済んでる






617: 名無しさん@おーぷん[sage] 2018/09/29(土)09:59:38 ID:Wcd
>>616

>>学校で教わった通りにできないなら教師なんていらないじゃない!
未熟な教師にされた事は一生忘れられないよね

大方の生徒は教師より物を知らないけど、毎年何人かは教師が教える必要のない生徒がいるって
更に稀には教師が教わるタイプの生徒もいるって、その人は誰にも教わらなかったんだね

引用元: ・その神経がわからん!その45






このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2020年01月25日 03:18 ID:kijyomatome1