sleep_gorogoro_ojisan
41:  名無しさん@おーぷん 20/08/07(金)13:24:19 ID:sC.hm.L1
私が子供の頃、「男は仕事、女は家庭」がまだまだ当たり前の昭和の時代。
母親は職場から帰ってきても、家事育児を一人でするのが当たり前で
父親は飯が出てくるまでの間、TVの前で呑気に野球見たり、風呂に入って、ビール飲んで寝っ転がってるのも当たり前だった。
現代のように、夫婦で分担して家事や育児を…なんて、珍しがられるくらいの時代だった。

ある日、私が夕飯を食べ終えても片付けず、妹と遊びだした時に、母から
「食べ終えたものは片付けなさい!」と怒られた。




いつもなら素直に片付けるんだけど、何故かその日は
「なんで?お父さんだって、食べてもそのままにしてるじゃん」と口答え。
「お父さんは働いてるからいいのよ!」とまた怒られたが
「なんで?お母さんだって働いてるのに、片付けてるじゃん。しかもご飯も作ってるし洗濯もしてるじゃん。
お父さんなんて、帰ってからTV見てるだけで、なにもしてないよ」と言ったら
母に「え?」って顔され、TV見て笑ってた父も黙った。
感覚的に数分ぐらい黙ってた感じ。
暫くして母に「屁理屈言うな!」と怒られた。
私としては、片付けないのはダメだけど、「仕事をしてたら何もしなくてもいい」という母の言葉は
子供心ながらに、なんかスッキリしなくて、モヤモヤだけがずっと引っかかっていた。

大人になった今、あの時に少しでも二人の意識が変わっていたら
「帰って靴下を脱ぎ散らかしっぱなし」だの「食べた食器も片付けない」だのグチグチ言わず
「お茶が用意されてない」だの「部屋の隅が汚れてる」だのブリブリ怒って
お互い文句ばかり言わないで済んだのかな…と思わないでもない。

引用元: ・何を書いても構いませんので@生活板93





このまとめが気に入ったら
「フォロー」
よろしくお願いします!

1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2020年09月24日 13:57 ID:kijyomatome1