osoushiki_iei_ojiisan
119:  ↓名無しさん@おーぷん 20/08/08(土)19:05:12 ID:VL.pc.L1
テレビを見てて思い出した話。

私が大学に入学したばかりの頃、遠縁の人が亡くなった。(以下Aさん)
Aさんが亡くなったことで、Aさんの家で代々続いてきた家業も畳むことになった。
この事は、Aが生前から決めていた事で、親戚は皆納得済。
特に揉める事なく葬式も始終和やかに進んだ。

Aさんの家業は製造業で、作っていたのは私も子供の時から馴染みのある品。それが2度と手に入らないのは分かっていても物悲しいものだね。
と大学で出来たばかりの友人たちに話していたら、そのうち1人が突然立ち上がって叫び出した。
「なんで、あなたが跡を継がなかったの!」
普段あまり喋らない彼女が、そこから怒涛の勢いで自説を語り出した。
「(意訳)最近は後継者不足で伝統文化が無くなりつつある!せっかくあなたは、その文化に触れる機会があったのに、あっさり手放すなんて!Aさんがかわいそう!伝統を壊すなんてとんでもない奴!」
大体この様な趣旨のことを言われた。


いや、廃業はAさん自身の意思だとか、大量生産品に圧されて売り上げ落ちていたとか言いたいことが沢山あったけど、私が言えたのは一言だけだった。
「じゃあ自分がやれば?」
「え」
「確かに!そこまで言うなら自分がやればいいよね。」
乗ってくれてありがとう、友人2号。
「やりたい人がやればいいのよ。嫌々やらされてもやる気なんかでないし。」
「だよねー。Aさん、元々家業を継ぎたくなかった人らしくって、思うところがあったみたいだよ。」
「マジで?やっぱり無理矢理はダメだよね。それでさー」
そのままAさんの話題はそこで終了。友人1号もいつの間にか座っていた。

友人1号は大学卒業後、完全に縁が切れたので今何をしているか知らない。
あれだけの熱意があれば、どこかの伝統文化を守ってくれていたらと思う。私には出来ないことだから。

以上が、テレビで「ウイルスで商品が大量に売れ残って」と嘆いている業者さんを見てて思い出したこと。
Aさんが生きていたら、ウイルスをきっかけに家業を閉めただろーなーと思いつつ。

引用元: ・何を書いても構いませんので@生活板93




1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2024年02月12日 15:18 ID:kijyomatome1