kids_menko
203:  ↓名無しさん@おーぷん 20/09/01(火)23:52:42 ID:Lz.tt.L1
ようかいけむりのニュースで思い出した、あれなんだったんだろうなって話。小学生時代の話。
その神経が分からんスレと迷ったけど神経分からなくはないからこっちで

ようかいけむりと同じように駄菓子屋で売ってた、癇癪玉やクラッカー的な使い捨てのびっくり系おもちゃ2個買って、1個は家の庭で使って、もう1個は遊びに持っていって当時の同級生Aに見せた。
手渡すとすぐ説明書きを見ずに間違った使い方をしようとしたので(クラッカーを破いて中身を見ようとしたみたいな感じをイメージして欲しい)止めて正しい遊び方を伝えた。
すると何故かAはこちらの言うことを否定し、自分の行動が正しいと主張し始めた




えっ?と思いながらも、「袋に書いてある正しい遊び方」「仕組み」「効果」「一度その遊び方をして成功したこと」「今Aがやろうとしたことはどう間違っているのか」
を小学生なりに懇切丁寧に説明しても、
「そうとは限らない」「証拠はあるのか」「お前実際に中身見たことないんだろ」とかそんな感じで、とにかく否定する。
どんなに説明しても「いや、でもさ・・・」としか返ってこない。「そうか分かった」という答えが返ってきて話が終わらない。

体感的にはかなり長時間やりとりをするも話は平行線を辿り、最終的にこちらが折れてAのやりたいようにさせた。
当然そのやり方は間違っており、おもちゃは無駄になった。
Aは全く気にしない様子で別の遊びを始め、こちらが正しかったじゃないか、と主張したら逆ギレした。自分のおもちゃが雑に扱われたら弁償しろとか騒ぐ癖に。
今思えば、理由や経緯はどうあれ自分の発言や行動を少しでも否定されたことが我慢ならなかったんだろうな
で、途中からおもちゃを無駄にさせることが目的になっていたのではないか。

話が通じないヤツに遭遇した原体験、無理を通されて道理が引っ込んだ原体験であり、もっと言えば理不尽の原体験だったと思う

引用元: ・何を書いても構いませんので@生活板94





1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2020年11月05日 01:57 ID:kijyomatome1